林森北路のホテル

ヨヨホテル(友友大飯店)のクチコミと評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨヨホテルの部屋

個人的にはまた泊まりたいホテルだ。

日本語が通じるので安心感があるというのと夜は静かなのでよく寝ることが出来ました。隣の宿泊客の質にもよるところがありますのでこれは一概には言えませんが静音性は高いほうと言えるでしょう。もしこのレベルで壁が薄いと感じられる方はもう高級ホテルを利用するしか無いと思います。

ウォシュレットが無いというのが残念でたまりません。モバイルウォシュレットを持参すれば解決ですけどちょっと面倒くさいんですよね。便座も冷たいし。排水口からの臭いも若干気になると思いますので寝る時以外ではトイレの換気扇(照明とセットになっています)をつけっぱなしにしておきましょう。

朝食は結構良かったですし、洗濯機や乾燥機も無料で使えますが1台ずつしかないのでタイミングが合わなければ使うことが出来ません。

この画像を印刷してタクシーの運転手に渡せばスムーズです。

ヨヨホテル(友友大飯店)の外観

シャワーの水圧やセキュリティボックスの使い方はどうだろう?

シャワーの水圧は問題ありません。9階の部屋でもマッサージ切り替えのあるシャワーヘッドなので満足行く水圧でしょう。マイシャワーヘッドの出る幕はありませんでした。

セキュリティボックスは全部屋に完備されています。最初は空いていますので締めて好きな数字4ケタを入力して右下のシャープボタンを押してロック完了。開ける時は先程の数字を入力すると自動で空きます。

無料Wifiの速度は?ウォシュレットは?ドライヤーは?

ウォシュレットなし、水圧強い。浴室なし。有線LANあり、wifiありで速度も良し。セキュリティボックスあり。

ヨヨホテル(友友大飯店)のトイレ
ヨヨホテル(友友大飯店)の歯ブラシなどアメニティ
ヨヨホテル(友友大飯店)のドライヤー

ウォシュレットはありません。冬場は便座が冷たくて「ひゃっ!」ってなることは確実でしょう。モバイルウォシュレット持参は必須です。トイレットペーパートイレにそのまま流すことが出来ます。フロントへ確認済みだ。

冷蔵庫などの設備についてはビジネスホテルですのでアメニティは必要最低限ですね。シャンプーとリンスは台湾製造のものでここには工夫が見られました。エアコンは「DEI」というメーカーで日本製ではありません。エアコンはビルトインタイプで音はまぁ普通。テレビはTOSHIBAのREGZA。日本語のチャンネルは

75ch:緯来日本(日本のドラマなど)
76ch:国興衛視(バラエティ)
77ch:アニマックス(日本アニメ)
106ch:NHKワールドプレミアム

上記3つは定番ですね。NHKも定番だったのですが最近は映らないところが増えてきている。日本のリアルタイムのニュースを見られるのでビジネスマンとしては必要不可欠なチャンネルでしょう。

冷蔵庫は「ENSEKI赤の恵」と書いてあって音は静かだった。ドライヤーは独立型ですがとってもオモチャ感が出てしまっています。気にされる方は持参したほうが良いでしょう。ボディから想像出来る非力さ、風量はかなり弱め。

ヨヨホテル(友友大飯店)の無料wifiの速度はどれくらい?
有線LAN完備。wifiあり。

速度は早いですが夜には(宿泊者が多く利用する時間帯には)速度がかなり落ち込む。

ホテルから提供されるwifi(パスワードあり)は昼間なら24Mbpsで夜には13Mbps。

もちろんフロアによって上下はするだろうけどなかなか安定。

有線LANから自前のwifiルーターを使うともっと早くなって40Mbps(PCで測ると13Mbps、夜1Mbps)

ヨヨホテル(友友大飯店)の部屋の写真を掲載しておこう。

エアコンは音が気になる。冷蔵庫の中は有料ドリンク。部屋の明るさは十分。

IMG_1531
IMG_1541
IMG_1519
IMG_1543

外に出ている水は無料ですが冷蔵庫に入っているコーラやスプライト、ビールは有料になっています。もし欲しい場合はそのまま飲んでしまって構いません。チャックアウト時に飲み物は飲みましたか?と聞かれるので飲んだものを答えればそこで現金にて精算になります。ちなみにコーラ:20元でビール:30元だ。

部屋の解錠ですがカードを当てるパターンではなくインサートして抜くタイプ。奥まで差し込んだらすぐにシュっ!と抜きましょう。「ビーっ!」って鳴って開きます。部屋のホルダーに入れると通電します。他のカードでも代用することが可能。

部屋の明るさですが入った瞬間「ん?ちょっと暗いか?」と思っていたのですが、上にあるロールカーテンを開けると強烈な光が差し込みます。朝の明るさも伝えてくれます。開けっ放しでも外から覗かれるような建物はありません。このタイプの部屋に当たったらカーテンを開けましょう。

空調は日本メーカーではないビルトインタイプのエアコン。音はそれなりにしますので冷えきったら切って就寝したほうがいいでしょう。操作方法が若干わかりにくいんですよこれ。オレンジホテルもこのタイプでした。まず暖房を示しているであろう「温泉マーク」にして設定温度を35℃にしても冷風しか出ない。画面の「ST」は「設定温度」「RT」は「今の部屋の温度」を示しています。

ヨヨホテル(友友大飯店)の朝食は美味しかった。

朝食の提供時間
7:00〜10:00 場所:10F 混雑は8:30〜09:30(目安)

食堂は10階にありましてエレベーターでは9階までしかいけませんのでそこからは階段になります。スペースはかなり広いです。食堂のおばちゃんもある程度は日本語を話せます。これなら混雑時にも席がないというのは無いと思います。テラス席もあってなにやらオシャレ。

台湾の朝食ではお粥がメインですが、ヨヨホテルでは炊飯器で炊いた白米があります。これ結構珍しいんですよね。オカズの種類も結構ありますが味付けは台湾っぽくなっているかなと思いました。卵が味が付いていて美味しかったです。飲み物もパンも充実していました。

お箸やスプーン、フォーク、コーヒーミルク、砂糖などは引き出しに収納されているので事前に知らなければちょっと見つけにくいかもしれません。

食べ終わったら食器をカウンターに戻してあげましょう。朝食は全プランが込みなのでルームナンバーなどを聞かれることはありませんでした。

日本語の話せるスタッフ常駐。チェックイン時のクレジットカード提示について

フロントは日本語を話せる率が非常に高いです。稀に日本語がわからないスタッフもいますが、お願いすれば日本語を話せるスタッフを読んでくれますので、万が一の時にも安心です。

チェックイン時のクレジットカードの提示についてはAgodaの予約サイトで事前に決済が行っていればクレジットカードの提示なしです。部屋の電話を使って電話などを使用した場合にはチェックアウト時に現金で請求されます。チェックイン時のクレジットカードの提示は本人確認や有料サービスなどの請求に使うホテルがあったりします。料金は支払い済みなのに要求される場合はこのパターンですね。

チェックイン前の荷物預かり可能。フロントでの両替も可能。

15時からチェックイン出来ます。15時より前に着いても荷物は預かってもらえます。パスポートなどの貴重品は必ず持ち歩くようにしましょう。また深夜にチェックインも問題有りません。フロントで日本円から台湾ドルへの両替が可能です。台湾ドルから日本円への両替は行っていません。ホテル業が専門なのでレートはそれほど良くありません。

部屋の壁は厚い方であり、中国人観光客も少なめ。

壁はコンクリートになっており静音性は申し分ありません。しかし完全な防音性があるわけではないので隣の部屋、上階の水回りの音は若干ですが聞こえます。林森北路のホテルでは静かな方といえますね。中国人観光客もいますが団体での受け入れは積極的には行っていないようです。

ヨヨホテル(友友大飯店)のクチコミを検証してみる。

【評価:A】
台湾が記録的な大寒波にあったた時期に宿泊したので、部屋が寒かった。エアコンに暖房の表示はあったが・・・最初に案内された部屋はバスルーム洗面台横からの水漏れが少し見られたが、スタッフに伝えるとすぐに部屋の変更が提案された。地下に洗濯機・乾燥機が無料で使用できる場所もある(洗濯用の粉石鹸)。アイロンもあり、予想外に便利でした。洗濯中には、その横でPC使用(無料)が出来るため快適であった。
【当サイトからの回答】
温泉マークが暖房だと思うんですけど温風が待てど待てど出てこないんですよね。台湾は極寒になることはそとんどありませんが寒気が来ると一気に冷え込みますから暖房がないとちょっと厳しいですよね。こればかりはヒートテックなど肌着を暖かくするか着こむしか対策がないのが現状です。
【評価:A】
部屋はあまりきれいではないですが、部屋も広く、宿泊料金も安く立地もいいので2度目の宿泊です^^台湾にまた行くときはこちらのホテルを利用したいと思っております!日本語のできるスタッフもいますので、安心して過ごせます。朝食はついていますが、一度も利用したことはありません。
【当サイトからの回答】
立地はとても良いですね。スナックやクラブのあるエリアへはちょっと歩きますが小籠包のジンディンロウへは徒歩3分くらい、金品茶楼は6軒隣です。隣にもマッサージなどすぐとなりにありますから。
【評価:A】
観光で数日滞在しましたが、初めての台北で日本語ができるスタッフがおり安心でした。近くに足つぼマッサージやお土産のお店もあり、夜も静かで安眠できました。部屋の明かりがちょっと暗かったですが、特に問題ではありませんでした。
【当サイトからの回答】
この辺りは日本人客をターゲットにしたビジネスホテルがありますからね。宿泊客も周りを歩く人も日本人が非常に多いので初めての海外旅行で不安という方も安心して過ごすことが出来ます。部屋の静音性も高めなのでとても静かです。私も安眠出来ました。
【評価:B】
部屋の広さは申し分ないが、隣の部屋の声がよく聞ける、初日は夜中にしゃべる電話の声で睡眠不足、二日目は犬の鳴き声、三日目は女性との絡みの声、結局宿泊中は睡眠不足と成りました。 全室禁煙が良いところですね。
【当サイトからの回答】
ここに限らず隣や上の宿泊者の当たり外れが大きく左右するところがありますね。今回は相性が良くなかったということで違うホテルへ宿泊された方がいいと思います。私も一度ダメだな・・・と思ったホテルはよっぽどのことがない限り泊まりません。設備などがとても良くスタッフに好感が持てる場合には前と違う部屋をリクエストして利用しています。
【評価:C】
館全体がとにかくカビくさい。立地が良いので選びました。設備などは綺麗で清潔感はありました。ただとにかくカビ臭い。エアコンからの匂いなので和らげる手段がありませんでした。フロントで部屋を変えて欲しいとお願いしました。しかし、普段着姿の清掃係の方が部屋に来て、匂いを確認して首を傾げられただけ。さらに自分は平気だ、というジェスチャーで怒られました。 その後その方が部屋からフロントへ業務連絡電話をかけ、ため息をついたり笑われたりしました。最後は剥き出しのスプレーを出してきて部屋中に撒かれました。日本語の出来るフロントの方には冷房を停めて窓を全開にすれば良い!とアドバイスされました。(外気温は36°Cの夏日です。)匂いは個人差がありますので仕方ない部分はありますが、ホテルを選ぶときに写真や価格しか見る事が出来ないので到着してビックリしました。ちなみに予定を切り上げホテルを変えました。
【当サイトからの回答】
カビ臭いというクチコミは2016年の夏から発生しています。部屋の当たりハズレがあるのはどのホテルでも同じかもしれませんが臭いなどは個人差があるのが実情です。しかし同じようなクチコミがいくつかあるので不快に感じる方も多いことでしょう。湿気など気にしないという方はいいですけど気になるという方はちょっと冒険ですね。台湾の方は親切ではありますがこういう衛生面では日本人の感覚とちょっと違うのかもしれません。
【評価:C】
かび臭い。エアコンの調子が悪く、13℃設定!?にしても25℃くらいしか温度が下がらない。湿気が多く、かび臭い。湿気のせいでベッドにダニが発生しているのか?脹脛がかゆくてしかたなかった。朝食はまあまあ、部屋も広いので、エアコン設備の改善させすれば良いホテルと思われます。
【当サイトからの回答】
恐らく上の人と同じ部屋なのだと思います。部屋番号を書いてくれれば助かるのですけど。快適に利用できている人もいるのである部屋だけが酷い可能性もありますね。私は2015年の夏に宿泊しましたが湿気やカビ臭さは感じませんでした。8階の部屋でした。部屋番号は忘れてしまったのでホテルに問い合わせ後に記載しますので今しばらくお待ち下さい。

ヨヨホテル(友友大飯店)の電車(MRT)の最寄り駅は「中山駅」で徒歩7〜8分

⇒中山駅からヨヨホテル(友友大飯店)への徒歩ルートはコチラで確認出来ます。

桃園空港からタクシーで50分〜60分くらいで着きます。1200台湾ドルくらいですかね。渋滞などあればもっと掛かりますが1300台湾ドルくらいあれば足りると思います。

チェックイン:13:00 チェックアウト:12:00

ホテルの場所は林森北路エリアの夜遊びエリアからちょっとだけ北に位置します。小籠包のジンディンロウのある通りですね。徒歩数秒のところに金品茶楼があります。向いにはセブンイレブン。

ヨヨホテル(友友大飯店)のまとめ

9階まであり部屋数は55です。

部屋はちょっと狭いと感じるかもしれません。ルームタイプによって違うと思いますがビジネスホテルそのものです。ユニットバスではないのでその辺りは日本のビジネスホテルよりは断然マシです。ルー○インやサン○ートよりは広い。

部屋の通電はカードホルダータイプ。プラスチックカードまたは名刺で代用が可能。チェックイン時にwifiのパスワードが書かれたホテルの名刺をもらえるのでそれを挿しておいても問題ありません。

コンセントの数も普通で不便はなし。まくらは柔らかめとしっかりめがあります。マットレスの硬さは普通でした。

エアコンの暖房は効きませんので真冬に行かれる方は寝る時にヒートテックなど1枚あった方がいいかもしれません。

それと冷蔵庫のメーカーが謎過ぎました。「赤の恵 ENSEKI」と書いてありました。音はとても静か。というか全く音を出していないんじゃないかな。

このレポートはどの部屋なのか?
今回利用したのは一番安いスタンダードタイプ。
お風呂の付いている部屋もあります。もっと大きな窓がある部屋もあります。上位部屋になったとしてもお風呂が無かったり窓が無かったり結構まばらな状態。agodaで予約すればリクエスト項目があるので窓が欲しいなら「I want a room with a window.」お風呂がほしいなら「I want a bath of a room.」と記入しておきましょう。
なぜAGODAで予約するべきなのか?

・最低保証価格システムで損すること無く他のホテルより一番安く予約することが可能だからだ。

・予約の際に窓あり、窓無しなどの部屋のリクエストが出来るからだ。

・キャンセル料金なしプランがあるので急な予定の変更でもキャンセル料が掛からないからだ。

・利用するとリワードポイントをもらえ次回の割引に使えるからだ。

・マイページがあるので予約確認証の再発行や領収書の発行も簡単に行えるからだ。

・予約確認証は英語表記もあり、ホテルのチェックイン時に見せるだけでOKだからだ。

・ブッキングミスが無いので現地で予約されていなかった!などのトラブルを回避出来るからだ。

・万が一、ブッキングミスが起きても24時間対応で近場の同等ホテルを提供してもらえるからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*